セミオーダー家具の利点|フロアーベッドやセミオーダー家具の役立つ知識を知りたい方必見

セミオーダー家具の魅力

セミオーダー家具には様々な魅力があります。また、多くの方が気になるセミオーダー家具を注文する際の流れをまとめました。セミオーダー家具の製作を検討している方はチェックしてみましょう。

セミオーダーの流れ

寸法を決める

セミオーダーを始める時は、寸法の確認を行ないます。自分の家に合ったサイズを決めることは、部屋のスペースの有効活用やバランスの良し悪しにつながります。しっかりと寸法して最適なサイズを決めることが大切です。

打ち合わせ

実際にセミオーダー家具の製作を請け負っている業者や企業に連絡して、打ち合わせを行ないます。この際に寸法だけではなく、家具の色や素材、細かなデザインを決めることができます。世界に1つだけしかない家具を考えましょう。

見積もり

実際に打ち合わせで決めたデザイン、大きさの家具から必要な金額を見積りします。セミオーダー家具はその家具の種類やデザインでも大きく変わりますが価格自体はフルオーダーに比べて高くはありません。そのため、気負いせずに発注することができます。

商品製作・納品

見積もりに納得して発注すると、商品の製作が始まります。既製品とは違い、納品までに時間がかかりますが、多くのセミオーダー家具は1週間もあれば製作完了から納品まで終わらせることができます。納品の際は、ほとんどの場合、業者が自宅まで訪れてくれ、家具の設置まで完璧に終わらせてくれます。

セミオーダー家具の利点

家具

デザインが自由

セミオーダー家具にはいくつもの利点がありますが、中でも大きな利点の1つは、デザインが自由である点です。既製品の家具と違い、洋風や和風、暗めのカラー、明るめのカラーなど、自分の家と、自分の好みにあった幅広いデザインで家具を作ることができます。

大きさが変えられる

大きさが変えられる点もセミオーダー家具の大きな利点になります。既製品の家具を買う場合は、あらかじめ家具をおきたい部分の寸法を測り、家具店で最も寸法に合った家具を選びます。しかし、家具によっては自分の家にあった大きさの家具をなかなか見つからない場合があります。セミオーダー家具ならば、大きさは自由に決められるので、家具を配置したい場所にピッタリのものを作ることができます。それにより無駄なスペースを作ることもなく、部屋のスペースの有効活用もできます。

素材を決められる

セミオーダー家具の中には、素材を候補の中から選択できるものもあります。例えばイスの製作に木材を使用する場合にも、木材の中からチェリーの木やメープルを選んだりすることができます。木材の種類によってもその色や風合い、特徴は大きく変わります。

寿命が長い

セミオーダーの家具は上記でも述べたように、素材を決めたり大きさを決められたりと自由度が高いことが特徴ですが、自分の家に合った家具を作ることにより自然と家具の寿命も伸びます。また既製品の場合は、安さを優先し、質を疎かにしているものもあるので、セミオーダーの家具のように1つ1つその家に合うような製作を行っているものの方が家具の寿命が長い傾向にあります。